【Winterセール実施中】OBDeleven 2 +500クレジットを40%お得にゲットしよう

OBD診断について

テクノロジーは私たちの車を改善し、私たちが車とやり取りする方法を変え、車のニーズを理解するための高度な機器を必要としました。この機器は、OBD II ポートを介して車と通信します。しかし、OBD II とは正確には何であり、現代の自動車にとってなぜそれほど重要なのでしょうか? 

OBD診断とは何ですか?


1996 年以降に製造された車両には、OBD-II コンピュータ システムが法律で義務付けられています。このシステムには、標準の 16 端子データ リンク コネクタ (DLC) を介してアクセスできます。もともとOBD規格は、技術者が排出ガス制御とエンジン管理システムを簡単に監視できるように設計されていました。リアルタイム データと標準化された診断トラブル コード (DTC) を表示することができ、誤動作の特定に役立ちました。

自動車の電子化が進むにつれて、OBD II ポートを介した通信の重要性が増し、ソフトウェアが多くの問題を解決してパフォーマンスを引き出す鍵となりました。 


OBD コネクタに差し込んで OBD 機能にアクセスするさまざまなツールを利用できます。これらは、 PC ベースのスキャン ツールと分析プラットフォームに分類できます。ハンドヘルド スキャン ツールまたはモバイル デバイス ベースのツール。

通常、コード リーダーは、診断ポートに差し込むと、小さな画面に DTC を表示するだけです。また、コードをクリアして、ダッシュボードから迷惑なチェック エンジン ライトを消すためにも使用できます。基本的なスキャナー用のワイヤレス オプションもあります –スキャン ツール. それらはより高度で、ライブデータ、ゲージなど、車に関するより多くの情報を提供します。スキャナーは車を読み取り、その情報をモバイルデバイスまたはコンピューターに送信します。技術が向上するにつれて、互換性と機能の点で車の診断ツール デバイスも向上しています。PC ベースの専門的な診断ソフトウェアは、ケーブルまたはワイヤレス接続を介して車に接続します。ECUプログラミング、洗練されたソフトウェア、ECU適応などの高度な機能を提供します。しかし、それは快適ではなく、高価であり、多くの技術的知識が必要です. 

適切なデバイスがあれば、運転席から離れなくても、さまざまな電気的および機械的問題の診断/トラブルシューティングを開始できます。大きな問題が発生するずっと前に、車両で何が起こっているかをより正確に把握できます。しかし、コード リーダーやスキャナーにすべての機能がなく、専門的なソフトウェアが複雑すぎる場合は、どちらを使用すればよいでしょうか?

幸いなことに、今ではプロの診断機能がモバイル アプリで利用できるようになり、通常のドライバーが使用できるようになりました。ドライバーは既製のプログラミング アプリケーションで車をカスタマイズできます。

ダッシュボードの警告灯がまだ点灯していない問題を発見できます。また、点火タイミング、燃料噴射のキャリブレーション、さまざまなセンサー (酸素、スロットル位置、気圧、空気流量センサーなど) からの読み取り値など、一定量のライブ データを読み取ることもできます。新しい革新的なツールを使用すると、後付けされたコンポーネントを調整したり、さまざまな快適機能を調整したり、工場で無効になっている機能を有効にしたりすることさえできます。 

自動車診断スキャナーは、自動車の修理や改造を支援するための即時フィードバックを提供するため、現代の自動車にとって不可欠なツールです。

標準のエンジン排出量データとは別に、自動車メーカーによってメーカー固有の機能に異なるデータ転送プロトコルが使用されている場合があるため、使用するスキャン ツールが特定の車両を完全にサポートしていることを確認してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる