ゴルフ7.5 対応状況

1クリックアプリ対応項目一覧となります。
故障診断

次世代のクラウドベースの自動車診断ソフトウェアは、すべてのコントロールユニットにアクセスできるため、ディーラーと同レベルの自動車システムの故障診断が可能になります。

Liveデータ

ライブデータを使用すると車両情報をリアルタイムで表示が可能になります。この機能を使用することにより、車両のパラメータをリアルタイムで監視でき、発生している不具合を特定するのに役立ちます。OBDelevenでは、すべてのコントロールユニットのすべてのライブデータが、グラフまたはゲージで表示が可能です。

作業履歴

OBDelevenアカウントに接続されているすべての車両に関する情報(いつ、どのような変更が行ったか)の確認が可能です。:

故障診断

車両をスキャンしのコントロールユニットに接続します。スキャンを行うことで車両に搭載されているコントロールユニットに関する詳細情報(エンジン、トランスミッション、ABS、エアバッグ、マルチメディア、エアコンなど)を取得します。

静的な障害コードをクリアし、有効な障害をチェックして、どういった修理行う必要があるかを確認します。

各種整備

事前に登録された手順に従い、1クリックでサービスリマインダーや定期点検リマインダーをリセットしたり、サービスパラメータの変更が可能です。

シンクロのキャリーブレーション - ミッションポイント(アプリ表記Power Steering Activation)
詳細

この1クリックアプリは、基本設定「シンクロポイントの送信のキャリブレーション」をアクティブにします。


📖 必要条件
ミッションオイルの温度は30°Cから100°Cの間でなければなりません。※Liveデータで確認可能です。
・シフトはPポジション
・アクセルペダルを踏まないでください
・全体を通してでパーキングブレーキとフットブレーキをかけます
・基本設定の設定手順の間に、トランスミッションから大きなギアシフトノイズが発生する場合がありますが、これらのノイズは正常です。

⚠️ 注意事項
次の場合、基本設定が正常に完了しない場合があります。
- ミッションオイルの温度が高すぎる
- ブレーキを離す
- エンジンの回転数が上がる

パワステの有効化(アプリ表記Power Steering Activation)
詳細

パワステは、ハンドルを回しやすくするのに役立ちます。車のエンジンが作動していないときに作動させることができます。

⚙️ 機能
Activated - エンジンをオフ/オンの状態でパワステが有効になります。
Deactivated - エンジンがオンの状態でパワステが有効になります。

📖 必要条件
電動パワーステが車両に装着されている必要があります。
イグニッションONの状態でアプリを実施して下さい。


⚠️ 注意事項
パワステが動作中はバッテリーが放電されます。
車両から接続を解除すると、パワステが機能しなくなる可能性があります。

TPMSのリセット(アプリ表記TPMS Reset)
詳細

TPMS-タイヤ空気圧監視システム。 タイヤ交換時またはタイヤの空気が減った際充填した後、TPMSをリセットします。


⚙️ 注意事項
Reset - TPMSをリセットします。

📖 必要条件
ABSコントロールモジュールを介したタイヤ空気圧監視システムを車両に装着されている必要があります。

ブレーキパッドの交換(アプリ表記Electronic Parking Brake)
詳細

EPB - 電動パーキングブレーキ - 電動パーキングブレーキ


 ☑️ 車両での手順
1.エンジンはオフ、イグニッションはオン、ブレーキは踏んで、パーキングブレーキを解除し、ブレーキを離す。

2.「OPEN」機能を使用してブレーキキャリパーを開きます。パーキングブレーキスイッチのLEDとインストルメントクラスターの警告ランプが点滅しているのは正常です。

3. イグニッションをオフにして、ブレーキパッドを交換します。


4. 次新しいブレーキパッドを装着し、イグニッションをオンにして、「CLOSE」機能を使用してブレーキキャリパーを閉じます。パーキングブレーキスイッチのLEDとインストルメントクラスターの警告ランプは、おそらく急速に点滅し続けます。これは、パーキングブレーキをオンにしてから再びオフにした後に停止するはずです。


5. 電動パーキングブレーキ機能をテストするには、EPBボタンを押すか、「テスト」機能をアクティブにして、パーキングブレーキのオンとオフを繰り返します。ブレーキパッドが開閉します。


 ⚠️ 注意事項
この機能を実施する前に十分バッテリーを交換して下さい。
ブレーキを分解している間は、これらの基本設定を行わないでください。
電子パーキングブレーキの開閉は、ローターにパッドとキャリパー適切でのみ行う必要があります。

検査サービスリセット(アプリ表記Inspection service reset)
詳細

検査サービス-メーカーが推奨する走行距離に到達したことを車両に通知し、車両の部品や消耗品の摩耗を技術的に検査する必要があります。


 ⚙️ 機能

ブレーキパッドの交換(アプリ表記Electronic Parking Brake)
詳細

EPB - 電動パーキングブレーキ - 電動パーキングブレーキ


 ☑️ 車両での手順
1.エンジンはオフ、イグニッションはオン、ブレーキは踏んで、パーキングブレーキを解除し、ブレーキを離す。

2.「OPEN」機能を使用してブレーキキャリパーを開きます。パーキングブレーキスイッチのLEDとインストルメントクラスターの警告ランプが点滅しているのは正常です。

3. イグニッションをオフにして、ブレーキパッドを交換します。


4. 次新しいブレーキパッドを装着し、イグニッションをオンにして、「CLOSE」機能を使用してブレーキキャリパーを閉じます。パーキングブレーキスイッチのLEDとインストルメントクラスターの警告ランプは、おそらく急速に点滅し続けます。これは、パーキングブレーキをオンにしてから再びオフにした後に停止するはずです。


5. 電動パーキングブレーキ機能をテストするには、EPBボタンを押すか、「テスト」機能をアクティブにして、パーキングブレーキのオンとオフを繰り返します。ブレーキパッドが開閉します。


 ⚠️ 注意事項
この機能を実施する前に十分バッテリーを交換して下さい。
ブレーキを分解している間は、これらの基本設定を行わないでください。
電子パーキングブレーキの開閉は、ローターにパッドとキャリパー適切でのみ行う必要があります。

カスタマイズ

1クリックアプリを使う事で、車両に隠された機能を調整または有効化、新たに装着したパーツ取り付け後に発生するエラーキャンセルや追加したパーツを車両に認識させることが可能です。

シートヒーターメモリー(アプリ表記:Heated seats memory)
イグニッションOFF後、シートヒーターボタンの設定状況記憶を有効/無効にします。⚙...もっと詳しく
ハイビームメモリ(アプリ表記:High beam memory)
ハイビームアシスト...もっと詳しく
ロック/ロック解除の音響確認(アプリ表記:Lock/Unlock acoustic confirmation)
このアプリでは、ロック/ロック解除音が有効になります。これを車両で有効にると、ロックされ安全であることを知ってから車両から離れることができるようになります。⚙...もっと詳しく
スカンジナビアDRL(アプリ表記:Scandinavian DRLs)
スカンジナビアDRL...もっと詳しく
ヘッドユニットにDRL設定項目の追加(アプリ表記:DRL settings in head unit)
この機能により、車両設定画面でDRL...もっと詳しく
オートロック(アプリ表記:Auto lock)
このアプリは、キーが外にあり、車両のすべてのドアが閉まっているときに、車両を自動的にロックします。⚙...もっと詳しく
サウンドアクチュエータ(アプリ表記:Soundaktor)
サウンドアクチュエータは、一部車両の室内のエンジン騒音をシミュレートするために使用される車両オーディオシステムです。エンジンと車室の間の防火壁に取り付けられたスピーカーで構成され、遮音レベルの低い旧型車両の運転経験を再現するために車室に騒音を追加します。この1クリックアプリにより、サウンドサウンドアクチュエータのサウンドを調整することができます。⚙...もっと詳しく
ラップタイマー(アプリ表記:Lap Timer)
この機能により、車両のインストゥルメントクラスター/ダッシュボードでラップタイマーが動作します。⚙...もっと詳しく
ニードルスイープ(アプリ表記:Gauge Test - Needle Sweep)
ニードルスイープ-イグニッションをオンにすると、ゲージの針が自動的にダッシュボード上で全範囲をスイープします。⚙...もっと詳しく
ハンドブレーキ使用時DRLオフ(アプリ表記:DRLs off with handbrake)
必ずイグニッションONにした状態で使用してください!ほとんどの国では、車のエンジンが始動しているときにデイライトを点灯させることが義務付けられています。ハンドブレーキ使用時の場合(車のエンジンがオフであることを前提)、バッテリーの消耗を防ぐためにライトがオフになります。⚙...もっと詳しく
コンフォートオープン/クローズ(アプリ表記:Windows function from remote)
リモコンキーを使用して、窓を開閉します。⚙...もっと詳しく
イグニッション時のセントラルロック(アプリ表記:Central lock with IGN)
このアプリを使用すると、イグニッションがON...もっと詳しく
ブレーキディスクの乾燥(アプリ表記:Brake discs drying)
ブレーキディスク乾燥機能の目的は、ブレーキディスクに所定の間隔でブレーキパッドを当て不要な水分を拭き取ることで、豪雨時の安全性を高めることです。その結果、フルブレーキ時の制動力が上がり、制動距離を短くすることができます。ブレーキディスクの乾燥は、ドライバーに機能が働いていることを意識させないよう動作します。⚙...もっと詳しく
ハッチが開いているときのウインカー点灯(アプリ表記:Turn Signals Illumination When the Hatch is Open)
このアプリでは、トランク/ハッチが開いているときにテールライトのウインカー点灯を有効にします。⚙...もっと詳しく
光学式パークシステム(アプリ表記:Optical parking system)
光学式パークアシストは、音響パークアシスタントに加えてドライバーをアシストし、車の前後に障害物を検知します。検出フィールド内では、障害物の位置がサウンドまたはメディアシステムのディスプレイにグラフで表示されます。⚙...もっと詳しく
オートエアコン時にファンレベル表示を有効(アプリ表記:Enable fan level display when on auto)
ゴルフ7のオートエアコン工場設定では、AUTO...もっと詳しく
ワンタッチウインカー(アプリ表記:Comfort turn signals)
ワンタッチウインカー...もっと詳しく
ヒルスタートアシスト(アプリ表記:Hill Start Assist)
ヒルスタートアシスト(HSA)は、坂道でブレーキ圧を一時的(最大1.5秒)にロックすることにより、フットブレーキが踏まれていなくても車両を保持します。して、フットブレーキが解除されたときに車両を保持します。ヒルスタートアシスト...もっと詳しく
空気再循環メモリ(アプリ表記:Air recirculation memory)
空気再循環メモリー-...もっと詳しく
自動格納ドアミラー(アプリ表記:Auto Folding Mirrors)
自動格納ドアミラーは、駐車中または洗車中にドアミラーを保護するために、手動または電気的に折り畳んでおくことができます。⚙...もっと詳しく
車両メニューのACC距離設定(アプリ表記:ACC distance settings in the vehicle menu)
"アダプティブクルーズコントロール(ACC)...もっと詳しく
LEDフットウェルライト(アプリ表記:LED Footwell Lights)
LEDフットランプ交換時に実施して下さい。...もっと詳しく
リバースライトバルブ交換時の設定(アプリ表記:Bulb Diagnostic: Reverse Lights)
リバースライトバルブ交換時に発生する各種ワーニングを削除します。リバースライトバルブ交換時の出力構成を調整しバルブチェックとエネルギー供給量を変更することが可能です。...もっと詳しく
フォグランプ交換時の設定(アプリ表記:Bulb Diagnostic: Front Fog Lights)
フォグランプ交換時に装着後に現れる障害コードを削除するときに使用します。フォグランプ交換時の出力構成を調整しバルブチェックと電流供給量を変更することが可能です。...もっと詳しく
ロービームバルブ交換時の設定 (Bulb Diagnostic: Low Beam Lights)
ロービームバルブ交換時に発生する各種ワーニングを削除します。フロントロービームライトの出力構成を調整しバルブチェックとエネルギー供給を変更することが可能です。...もっと詳しく
ウェルカムライト(アプリ表記:Puddle Lights)
地面を照らすドアミラーのウェルライトミラーが点灯します。...もっと詳しく
DAP製ダイナミックターンシグナルLEDテールライト(アプリ表記:DAP Dynamic Turn Signal LED tail lights)
このアプリは、「DAPMK7.5」を「MK7.5ハーネス」にコーディングするためのものです。部品番号は5G0-998-998-BFです。...もっと詳しく
LEDナンバープレートランプ(アプリ表記:LED license plate lamps)
LEDライセンスバルブに交換後した際、表示される球切れエラーを削除します。...もっと詳しく
コーディング/プログラミング

PROアカウントにアップグレードしたOBDelevenは、プログラミング、モニタリング、適応などを可能にするプロフェッショナルな診断ツールになります。フォルクスワーゲングループから公式にライセンス供与されたOBDelevenは、常に新しい機能に更新されます。

2020年以降に製造され、SFD保護が実装されているモデルでは一時的にサポートされていません。これらのモデルのサポートに関する交渉が進行中です。(2021年5月現在、日本では該当致しません。)

プログラミング

コントロールユニットに存在する各種設定項目の値または有効化状況を変更します。

基本設定

基本設定は、ステアリング角度センサー、ACフラップモーターなどのキャリブレーションに使用されます。コントロールユニットの基本設定モードでは様々なキャリーブレーションが可能です。

基本設定を開始するには、必要なチャンネルを入力または選択を行う必要があります。選択後、チャンネル番号またはアイコンを選択すると、別のチャンネルに切り替えることができます。選択した校正を開始するには、実行またはスライダーを動かします。

アプリ内のアイコンを選択すると、説明を追加、変更、または評価することができます。

基本設定は専門知識を有する方がご利用下さい。必要のない機能を実験したりテストしたりしないことをお勧めします。施工後、不具合が発生した場合、その動作を修正するには、ディーラーへの訪問が必要になる場合があります。

コーディング

コントロールユニットに存在する様々な項目の設定変更を行います。(ニードルスイープの有効/無効など)。コーディングとは、本来車両に備わっている無効になっている機能を有効化する為の、ソフトウェアの変更を指します。