Volkswagen アルテオン 前期

電動格納ドアミラーの追加取付
⚙️機能電動格納ドアミラーの機能を有効にします。📖要件電動ドアミラーを装着している必要があります。️⚠️アテンション電動格納ドアミラーを装着した後に、アプリを有効にして下さい。 アプリ名:Power Folding Mirrors必要クレジット:10
ライセンスランプをLEDに交換した際のエラーコードキャンセル
ライセンスランプをLEDに交換した際のエラーコードキャンセルを行います。⚙️機能ハロゲンバルブ、LEDライセンスバルブに対応⚠️注意事項この1クリックアプリケーションでは、あなたの車両で改造またはアプリに対応した部品を取り付ける必要があります。 このアプは、アプリの説明に記載されているパーツをすでに装着している場合にのみ使用してください。 アプリ名:ライセンスランプのLED化必要クレジット:10
作業履歴
OBDelevenアカウントに接続されているすべての車両に関する情報(いつ、どのような変更が行われたか)を確認します。この機能を利用し過去に実施した変更を確認した上で、納車時の状態へ復元する事が可能です。
フルオンボード故障診断
車両をスキャンする事ですべてのコントロールユニットに完全にアクセスし、ユニットに関する詳細な情報を取得します。 エンジンやトランスミッション、ABS、エアバッグ、マルチメディア、エアコン等などのコントロールユニットにに発生している静的な障害をクリアし、アクティブな障害を確認した上で、修理が必要かどうかを知る事ができます。
トランスミッションのキャリーブレーション
この1クリックアプリにより、トランスミッションのキャリブレーションに関する基本設定が実施されます。📖要件ミッションオイルの温度は30~100℃であること。シフトレバーは(P)であることエンジンはアイドリング状態、アクセルペダルを踏まないでください。パーキングブレーキとフットブレーキは、手順全体を通して動作させて下さい。本設定では、トランスミッションから大きなギアシフト音が発生する場合がありますが、これらの音は正常です。⚠️注意事項以下の場合、基本設定が正常に完了しない場合があります。- ミッションオイル温度が高すぎる。- ブレーキが解除される。- エンジンの回転数が上げる。 アプリ名:トランスミッションの基本設定必要クレジット:10
ライブデータ
ライブデータにアクセスし、リアルタイムで車両パラメータを監視することでフォルトの原因を特定するのに役立ちます。 OBDeleveアプリケーションでは、すべてのコントロールユニットのライブデータがグラフまたはゲージで表示されます。
トランスミッションのシンクロ校正
この1クリックアプリにより、基本設定「トランスミッションのシンクロ校正」が実施されます。📖実施条件-ミッションオイル温度は30~100℃であること。-シフトレバーはPポジション-エンジンはアイドリング状態、アクセルペダルを踏まないでください。-パーキングブレーキとフットブレーキは、手順全体を通して踏み続けて下さい。-基本的な設定手順では、変速機から大きなギアシフト音が発生する場合がありますが、これらの音は正常です。⚠️注意事項以下の場合、基本設定が正常に完了しないことがあります。- ミッションオイルの温度が高すぎる。- ブレーキが解除される。- エンジンの回転数を上がる。 アプリ名:Calibration of synchro - points of Transmission必要クレジット:10
TPMSリセット
TPMS - タイヤ圧監視システムは、自動車のタイヤ空気圧を常時モニタリングするシステムで、問題があれば警告で運転者に知らせます。 ⚙️機能Reset - TPMSリセットを実施します。📖要件車両には、ABS制御モジュールを使用したタイヤ圧監視システムが装備されている必要があります。 アプリ名:TPMS Reset必要クレジット:10
パワーステアリングのアクティベーション
パワーステアリングはハンドルを軽い力で操舵するのに役立ちます。このアプリは車のエンジンが作動していないときでも作動させることができます。⚙️機能Activation - エンジンの始動状況に関わらず、パワーステアリングを有効にします。Deactivated - エンジンが始動している状態のみパワーステアリングが有効化📖実施条件車両には電動パワーステアリングが装備されている必要があります。アプリ実施時は、イグニッションをONにする必要があります。⚠️注意事項パワーステアリング使用時は、車のバッテリーを放電させています。車両と接続を解除すると、パワーステアリングが動作しなくなる可能性があります。 アプリ名:Power Steering Activation必要クレジット:10
ブレーキパッド交換時のピストン解放
EPB-電動パーキングブレーキ☑️ 車両での手順1.エンジンはOFF、イグニッションはON、パーキングブレーキをオンにしてから、EPBボタンを押してオフにします。2.「OPEN」項目を選択しブレーキキャリパーを開きます。パーキングブレーキスイッチのLEDとインストルメントクラスターの警告ランプが点滅しているのは正常です。3. イグニッションをOFFにして、ブレーキパッドを交換します。4. 新しいブレーキパッドを装着したら、イグニッションをオンにして、「CLOSE」項目を使用しブレーキキャリパーを閉じます。パーキングブレーキスイッチのLEDとインストルメントクラスターの警告ランプは、おそらく急速に点滅し続けます。これは、パーキングブレーキをオンにしてから再びオフにした後に停止するはずです。5. 電動パーキングブレーキ機能をテストするには、EPBボタンを押すか、「テスト」項目を選択し、パーキングブレーキのONとOFFを繰り返します。操作に合わせてブレーキパッドが開閉します。⚠️ 注意事項この機能を実施する前に、十分にバッテリーを充電して下さい。ブレーキを分解している際に、これらの基本設定は実施しないで下さい。電子パーキングブレーキの開閉は、ブレーキパッドとの交換時のみ実施する必要があります。 アプリ名:ブレーキパッドの交換必要クレジット:10
サービスリマインダーのリセット
サービスリマインダー - 車両メーカーによって指定された走行距離や期間に到達した時点で車両にリマインダーとして車両に通知し、車両の点検を案内するワーニングです。 ⚙️機能サービスリマインダーメッセージをリセットします。 ⚠️注意事項リセット実施前に車両点検を実施することをお勧めします。 アプリ名:サービス点検のリマインダーリセット必要クレジット:10
オイル交換サービスのリセット
オイルサービス - 事前にスケジュールされたメーカーからの案内に従って、車両のオイル交換を忘れないでください。⚙️機能この1クリックアプリは、車両に表示されるオイルサービスリマインダーをリセットするために使用します。⚠️注意事項オイルサービスをリセットするには、オーナーズマニュアルに従ってすべてのサービス操作が完了していることを確認してください。 アプリ名:Oil service reset必要クレジット:10