Volkswagen アルテオン 前期

ニードルスイープの有効化
ニードルスイープ - イグニッションをONにすると、ダッシュボード上でメーターの針をがフルレンジにスイープする事でレーシーに演出します。⚙️機能ニードルスイープのON/OFF⚠️注意事項このコーディングは、第2世代のバーチャルコックピット(AID2)では動作しません。 アプリ名:ニードルスイープ必要クレジット:10
横滑り防止装置の無効化の無効化
横滑り防止システム(ESC) - 横滑り防止システムは、「ABS (アンチロックブレーキシステム)」と「TCS (トラクションコントロールシステム)」、「ヨー制御」の3つの技術を組み合わせた横滑り防止システムの事を意味します。 ASR(アンチスリップレギュレーション)- 雪道など滑りやすい路面で駆動の片側タイヤがスリップした場合、デフが働き反対側の駆動力が弱くな進めなくなります。この機能はスリップしたタイヤ(片輪)にブレーキをかけ反対側のタイヤの駆動を補助します。⚙️機能ESCボタンの操作を変更するか、完全にOFFにします。車両に物理的なESCボタンがない場合は、マルチメディア上で「Car」>「設定」>「ESCシステム」と表示し変更できます。⚠️の注意この機能は、安全上の理由で有効になっており、事故を回避するのに役立ちます。したがって、この機能を無効にすることをお勧めしたり、推奨するわけではありません。弊社は一切の責任を負いません。 アプリ名:横滑り防止装置の無効化必要クレジット:10  
エアコンがオートモード時でも風量表示を行う
通常エアコンがオートモードの場合、エアコン風量が表示されません。 このアプリを有効にすると、エアコンがオートモード時でも風量が表示されます。⚙️機能エアコンがオートモード時の風量表示機能をオン/オフします。 アプリ名:エアコンAutoモード時のファン速度の表示必要クレジット:10
DRL(デイタイムランニング)の設定項目を追加
このアプリは、ナビの設定画面にDRL(デイタイムランニング)の設定項目を追加します。⚙️機能OFFON アプリ名:DRL設定画面の表示必要クレジット:10
教習者モードの有効化MIB2
教習者モードは、車両ラジオのディスプレイに現在の速度やウインカーの状態を表示します。この1クリックアプリにより、教習者モードを有効または無効にすることができます。⚙️機能教習者モードのON/OFF📖要件MIBを装備している必要があります。☑️車両での手順ヘッドユニットの起動後、車両=>表示=>ドライブデータ=>教習者モード⚠️注意事項このアプリは、エンジンが始動している場合は動作しません。 イグニッションがONの状態のみ使用してください。 アプリ名:教習者モード MIB2必要クレジット:10
ディスカバープロ起動画面の変更
⚙️機能このアプリは、Discoverマルチメディアユニットの起動画面を変更します。 選択項目 Standard GTD GTI Blue motion E-Blue motion R-Line R 📖必要条件マルチメディアユニットを完全に起動し実施する必要があるので、マルチメディア起動後2分以上経過してから実施してください。⚠️注意事項このアプリは、エンジンが始動している場合には正しく動作しないため、イグニッションONの状態で実施して下さい。 アプリ名:Discover startup logo必要クレジット:10
グリーンエンジニアリングメニュー
グリーンエンジニアリングメニュー - 開発者向けのオプション設定ができる画面です。。 グリーンエンジニアリングメニューは、様々な機能に関する診断の詳細を提供し、それらのテストが可能です。⚙️機能グリーンエンジニアリングメニュー表示機能のON/OFFを設定します。☑️車両での手順このグリーンエンジニアリングメニューを開くには、MENUボタンを20秒間長押しして下さい。⚠️注意事項エンジニアリングメニュー内の設定を変更すると、カーマルチメディアシステムに永久的な障害が発生する可能性があります。自分の責任でこれを行って下さい。当社は、いかなる損害についても責任を負いません。 アプリ名:エンジニアリングメニューの表示Discover Green必要クレジット:10
ウインカー回数の変更
ワンタッチウインカー - ウインカーレバーを軽く操作すると3回点滅する機能⚙️機能ワンタッチウインカーの点滅回数を2-5回の間で調整します。☑️車両での操作1. マルチメディアのCarボタンを押します。2. 設定を選択3. 車両設定、工場出荷時設定を選択します。4. 各設定/データをリセット内でライトを選択します。5. 「ライト」の設定をリセットしますか?のメッセージで"はい"を選択します。 6. 以上で完了です。 ※ナビ上での回数表示は変わらない可能性があります。自動格納ミラーなどの設定が無効になる場合がありますので、再度チェックを入れ有効化をお願い致します。DRL等のコーディングで変更した設定はリセットされません。 アプリ名:ワンタッチウインカー必要クレジット:10
イグニッション時のセントラルロック
この1クリックアプリは、イグニッションONの状態またはエンジン始動時、リモコンよるセントラルロックを有効にします。イグニッション - エンジンが始動しておらず、電装品が使用できる状態⚙️機能イグニッション時のセントラルロッキング機能をON/OFF アプリ名:Central lock with IGN必要クレジット:10
ブレーキディスクのドライ機能
ブレーキディスクドライ - ブレーキパッドを所定の間隔でブレーキディスクに接触させ、不要な水滴等を拭き取ることで大雨時の安全性を高める機能です。 機能が動作する事で、フルブレーキ時のがブレーキ性能が向上し、制動距離が短くなります。この機能は、動作している事がドライバーに分からないようになっています。⚙️機能ブレーキディスクドライ機能の調整またはオフ⚠️注意事項ブレーキディスクドライは、安全上の為に有効になっており事故の回避に役立ちます。 本機能をオフにすることは推奨しません。 アプリ名:ブレーキディスクのドライ機能必要クレジット:10
ドアミラーの自動格納
ドアミラーの格納 - ドアミラーは、駐車時または洗車時にドアミラーを保護するために、手動または自動で格納が可能です。⚙️機能Auto - リモコンで車両をロックした際、自動でドアミラーを格納します。Manual - リモコンのロックボタンを長押しした後、ミラーが格納されます。OFF - 折り畳み機能をオフにします。📖必要条件折り畳みミラーを装備している必要があります。☑️車両での操作1クリックアプリ実施後、機能を有効にするには、ナビユニットの「ミラーおよびワイパー設定」メニューで「施錠時のミラー格納」を有効化して下さい。 アプリ名:Auto Folding Mirrors必要クレジット:10
オートカミングホームライト
カミングホームはリモコンでロックした後、車の照明を一定の期間点灯させ、自動的に消灯する機能です。⚙️機能手動 - カミングホームは手動で有効になります。自動 - カミングホームライトが自動で点灯します。📖必要条件カミングホーム機能が有効になっている必要があります。
車両メニューにACC距離設定を表示
ACC (Adaptive Cruise Control) - 前方の車両から安全な距離を維持するために車両速度を自動的に調整する運転支援システム⚙️機能車両メニューにACC距離設定表示の表示をONまたはOFFします。⚠️注意事項ACC機能は安全性能を高めるために装備されており、事故を回避するのに役立ちます。 本機能をオフにすることはお勧めしません。 アプリ名:ACC distance settings in the vehicle menu必要クレジット:10
アンビエントライトのカラーを追加
この1クリックアプリは、アンビエントカラーを有効にします。⚙️機能10色 - 10色のアンビエントカラーリストを追加します。30色 - 30色のアンビエントカラーリストを追加します。OFF - アンビエントライトの色をオフにします。📖要件アンビエントライトが備わっている必要があります。⚠️の注意車両にアンビエントライトがない場合は、バーチャルコックピットとマルチメディアの色のみが変更されます。 アプリ名:アンビエントカラー必要クレジット:10
サウンドアクチュエーター
サウンドアクチュエータは、一部自動車の室内で偽装エンジン音を鳴らす為に使用されるカーオーディオシステムです。 これは、エンジンと客室の間に取り付けられたスピーカーから構成されており、旧型車両の走行体験を再現するために、偽装音を加えています。この1クリックアプリで、サウンドアクチュエーターの音量を調整できます。⚙️機能サウンドアクチュエーターの音量レベルを調整するか、完全にOFFにします。📖要件車両にサウンドアクチュエーターが装備されている必要があります。 アプリ名:サウンドアクチュエーター必要クレジット:10
TVキャンセル
⚙️機能ON - 走行中にTV再生やビデオ再生が可能です。OFF - 走行中にTV再生やビデオ再生ができません。📖必要条件このアプリは、車両静止時にTVの視聴が可能で、運転開始時に視聴が制限されている場合にのみ使用してください。☑️車両での手順1. イグニッションをONにします。 エンジンは始動しないでください!2. 本アプリを使用する前に、マルチメディアを完全に起動(約3分)させてください。3. アプリ実施後、マルチメディアが自動で再起動しない場合は、マルチメディアを再起動する必要があります。 マルチメディアを再起動するには、マルチメディアの電源ボタンを20秒間長押しして下さい。⚠️注意事項この機能は、安全上の理由で無効になっており、事故防止に役立ちます。 ドライバが動画に気を取られると、非常に危険です。この機能を有効はお勧めしません。一部の国では、この機能が法律で禁じられています。自信の責任でこのアプリを実施して下さい。当社は、いかなる損害についても責任を負いません。アプリ名:TVキャンセル必要クレジット:100
走行中のMirrorLink視聴制限を解除
走行中にMirrorLinkを動作させる - 車両の走行中にMirrorLink機能の視聴制限を解除することで、走行中にマルチメディア上で見ることができます。⚙️機能ON - 走行中にミラーリンクが利用できます。OFF - 走行中にミラーリンクが利用できません。📖必要条件このアプリは、車両静止時にMirrorLinkの視聴が可能で、運転開始時に視聴が制限されている場合にのみ使用してください。☑️車両での手順1. イグニッションをONにします。 エンジンは始動させないで下さい。2. 本アプリを使用する前に、マルチメディアを完全に起動(約3分)させてください。3. アプリの実行後、マルチメディアが自動で再起動しない場合は、マルチメディアを再起動する必要があります。 マルチメディアを再起動するには、電源オンボタンを20秒間長押しして下さい。⚠️注意事項この機能は、安全上の理由で無効になっており、事故防止に役立ちます。 ドライバが動画に気を取られると、非常に危険です。この機能を有効はお勧めしません。一部の国では、この機能が法律で禁じられています。自信の責任でこのアプリを実施して下さい。当社は、いかなる損害についても責任を負いません。 アプリ名:運転中のミラーリンク動作必要クレジット:100
ハイビームアシストの設定を保存
ハイビームアシスト - 周囲の状況を判断しハイビームを自動的に有効にします。運転者や他の道路利用者の両方の安全性を確保します。 このシステムは、ライトレバーを奥にすると有効になり、時速60km/hを超えて走行すると自動的に起動します。このアプリは、最後に使用したにハイビームアシスタントの作動状況を保存する事ができます。⚙️機能ハイビームアシストの設定状況の保存をOFFまたはONにします。📖必要条件ハイビームアシストが有効になっている必要あります。 アプリ名:ハイビームアシストのポジション記憶必要クレジット:10
ハンドブレーキ使用時DRLを消灯
ほとんどの国では、車のエンジンが始動している時は、DRLを点灯させることが義務付けられています。 この1クリックアプリを使用するとハンドブレーキ使用時DRLが消灯します。DRL - デイタイムドライビングライト⚙️機能ハンドブレーキ使用時のDRLの点灯/消灯 アプリ名:ハンドブレーキ使用時のDRLオフ必要クレジット:10
リモコンを使った窓の開閉機能を有効化
リモコンを使用してドアウィンドウを遠隔で開閉します。⚙️機能リモコンを使ったドアウィンドウの開閉機能をOFFまたはONにします。📖必要条件ドアウィンドウの校正が必要です。☑️車両での手順ヘッドユニットで、以下の操作を実施して下さい。1) 車両2) 設定3) 開閉4)コンフォートオープン(すべてのウインドーまたは運転席ウインドー) アプリ名:窓の開閉をリモコンで操作する必要クレジット:10
パドルライトのの追加取付
⚙️機能地面を直接下に照らすドアミラーのLED照明を有効または無効にします。📖必要な条件パドルライトを有効にするには、LED(パドル)ライト付きドアミラーを取り付ける必要があります。 アプリ名:Puddle Lights必要クレジット:10