Volkswagen アルテオン 前期

オフロードモードの表示
このアプリは、オフロードモードの表示を行います。☑️車両での手順電源ボタンを長押しし、車両ナビの再起動を実施して下さい車両設定メニュー左下の「選択」から「オフロード」を選択すると表示されます。⚠️注意事項このアプリは、ナビが完全に立ち上がった状態(2~3分経過後)かつイグニッション状態で実施して下さい。 アプリ名:Offroad Dash必要クレジット:10
スタートボタンの脈動点滅
このアプリは、車両のエンジンがオフのときに、エンジンスタートボタンライトの脈動点滅を有効にします。 エンジンが始動すると、脈動点滅は停止します。📖必要条件車両にはキーレスエントリーシステムが必要です。 参考動画:検索で”コーディング 脈動”で検索 アプリ名:Pulsation of Start Button必要クレジット:10
排気(エキゾースト)フラップの無効化
排気(エキゾースト)フラップ - ECUを通じて制御されているフラップです。回転数やその他設定によって制御されています。⚙️機能有効化 - 排気(エキゾースト)フラップが機能しています。無効化 - 排気(エキゾースト)フラップの制御を無効にし、フラップを無効化した際の開閉状態に留まるように変更します。⚠️注意事項このアプリを使用する前に、車両を「レース」または「スポーツ」モードに設定し、フラップが開いているかをチェックして下さい。 ※補足実施手順1.エンジン始動2.レースモード3.シフトをSへ4.エンジンを切る(シフトポジションは変えない)5.エンジンスタートボタンを押しイグニッション状態へ6.ここでOBDelevenと接続7.1クリックアプリを実施 アプリ名:排気フラップの無効化必要クレジット:10
スロットルペダルのレスポンスを変更
スロットルペダルの応答速度を上げます。⚙️機能車両スロットルペダルの応答速度を変更します。標準、レスポンスアップ アプリ名:スロットルペダルの変更必要クレジット:10
バーチャルコックピットのスタイル
この1クリックアプリにより、バーチャルコックピットのカラーテーマや起動時に表示される車両を変更することができます。2D - 2ドア4D - 4ドアバーチャルコックピット - デジタルダッシュボードディスプレイ⚙️機能起動時のテーマを変更できます。📖必要条件バーチャルコックピットを装備している必要があります。 アプリ名:バーチャルコックピットのスタイル必要クレジット:10
ヘッドライトウォッシャー動作設定の変更
⚙️機能有効化オート - 5回ウォッシャーが動作するごとに動作。ON Manual - ウォッシャーを使用する度に3秒動作します。無効化 - ヘッドライトウォッシャー機能を無効にします。📖必要条件ヘッドライトウォッシャーシステムが装備されている必要があります。⚠️注意事項一部の国の法律では、ヘッドライトウォッシャーシステムを無効化するっ事は禁じられています。 アプリ名:ヘッドライトウォッシャーの無効化必要クレジット:10
XDSの設定
XDS - 電子デフロック高速コーナリング時、XDSは正確に正しい量の駆動力を与える為に、内側タイヤの空転を防ぐために内輪に圧力を与えます。 この機能のおかげで、トラクションを路面にしっかりと伝える事が出来ます。⚙️機能XDSの設定を調整します。標準弱い中強📖必要条件XDSを有効になっている必要があります。ABSユニットが必要です。 アプリ名:XDSの設定必要クレジット:10
バーチャルコックピットのテーマ変更
このアプリを使用することで、バーチャルコックピットの外観を変更することができます。バーチャルコックピット - デジタルダッシュボードディスプレイ⚙️機能バーチャルコックピットのテーマを標準、標準w/o 30/50マーク、オールトラック、GTI、Rのテーマに変更します。📖必要条件バーチャルコックピットを装着している必要があります。 アプリ名:バーチャルコックピットのテーマ変更必要クレジット:10
シートベルト警告音の設定
⚙️機能OFF - シートベルト警報の無効化EU-シートベルト警告音を継続US- シートベルト警告音を6回繰り返し鳴った後に停止📖必要条件このアプリは、イグニッションON時の時に施工してください。⚠️注意事項多くの国で、シートベルト未装着での運転は法律に違反しています。事故が発生した場合、乗客保護システム(エアバッグ、シートベルトプリテンショナーなど)は、シートベルトを正しく装着している場合にのみ運転者または乗客を保護するため、シートベルト警告の解除を推奨するものではありません。 アプリ名:シートベルト警告音の設定必要クレジット:10
スカンジナビアDRL
スカンジナビアDRL - DRLとテールランプの両方が同時に点灯します。 この機能は、スカンジナビア地方では必須な機能となります。DRL - デイタイムランニングライト⚙️機能スカンジナビアDRLのON/OFF アプリ名:スカンジナビアDRL必要クレジット:10
メーターに燃料補給量を表示
⚙️機能メーターまたはマルチメディアに燃料補給量表示機能を有効または無効にします。 アプリ名:給油量の表示必要クレジット:10
リアハッチオープン時テールウインカーを点灯
この1クリックアプリは、トランク/ハッチが開いている際にリアウインカーを点灯させることができます。 アプリ名:トランク開いている際、リアウインカーを点灯必要クレジット:10
リモコンでリアハッチをオープン
リモートブートポップ/トランクリリース - リモコンでハッチオープンを行う機能 ⚙️機能リモートブートポップ/トランクリリース機能をON/OFFします。 アプリ名:Remote Boot Pop/Trunk Release必要クレジット:10    
追い越し車線走行時の自動減速
高速道路の追い越し車線を走行中に走行車線が混んできた場合、自動で減速します。 ⚙️機能渋滞を検知した際、自動的にスローダウンします。 📖必要条件レーンアシストが装備されている必要があります。 アプリ名:Overtaking right prevention必要クレジット:10
ドアのオープン警告
⚙️機能エンジン始動時ドアが開いた際に鳴る警告音の条件を変更します。無効化、全てのドア、運転席のドア⚠️注意事項ドアのオープン警告機能は、安全上の理由から、事故を回避するのに役立ちます。 本機能を無効にすることはお勧めしません。 アプリ名:Open door alarm必要クレジット:10
メーターに油温を表示
メーターディスプレイに油温を表示します。 表示温度に達した際にメーターディスプレイに表示します。⚙️機能油温表示のON/OFF⚠️注意事項このアプリは、イグニッションON(エンジンが始動せず、電装品が使える状態)で実施して下さい。 アプリ名:DISでの油温表示必要クレジット:10
バック時に助手席ドアミラーを降下
バック時に助手席ドアミラーを降下 - バック時に助手席ドアミラーを降下させ、車両の下部の視認性を確保します。バック時に歩道の縁や駐車場の白線を見やすくすることで、駐車をにすることができます。走行速度が15km/hを超えると、自動的に元の位置に戻ります。⚙️機能ドアミラー降下機能をOFFまたはONにします。📖要件ドアミラーにはメモリー機能が必要です。☑️車両での手順1)ミラースイッチをR位置にする。2)車両の設定画面でミラー降下機能を有効にする。3)シフトをリバースにする⚠️バック時に助手席ドアミラーを降下機能が動作しない場合は、次の手順を実施して下さい。1) イグニッションをONにします。2)MIBの設定画面からバック時に助手席ミラーの降下を有効にする。3)ミラースイッチをLにします。4)リバースギアに入れます。5) 降下させたい位置まで手動でミラーを調整します。6)パーキングギアをに戻す。7) イグニッションをOFFにして下さい。バック時に助手席ドアミラーを降下機能をテストして下さい。⚠️注意事項走行速度が15km/hを超えると、自動的に元の位置に戻ります。 アプリ名:バック時の助手席再度ミラー傾斜必要クレジット:10
ロック/ロック解除時の音声確認
このアプリは、ロック/ロック解除音のアラームによる警告を有効にします。 この機能を使用する事で、音だけで車体がロックされたことが確認できます。☑️車体での手順1. メニュー 車両 > 車両設定 > 開閉設定に進みます。2. 「セントラルロッキングの音響確認」を有効にします。📖要件車両には、OEMセキュリティシステムが装備されている必要があります。日本のほとんどの車体では動作しません。 アプリ名:ロック/ロック解除時の確認音必要クレジット:10
レーンアシストのステアリング振動警告
レーンアシスト - 車両が車線の線に接近または到達すると、運転手に対し、視覚的な警告に加え警告音た、ハンドルの振動、または座席の振動などで警告を実施します。ウインカーがONの場合、ドライバーが意思をもって車線を横切っていると判断し、警告を発しません。レーンアシスト警告の強さを変更、またはMIBに警告の強さを変更する設定項目を追加します。MIB - モジュラーインフォメーション報システム⚙️機能振動をOFFまたはONにします。MIBでホイール振動の強さを調整可能にします。📖必要条件車両にレーンアシスト機能が備わっている必要があります。 アプリ名:レーンアシスト作動時のステアリングホイール振動機能の動作設定必要クレジット:10
レーンアシスト警告の強さを変更
レーンアシスト - 車両が車線の線に接近または到達すると、運転手に対し、視覚的な警告に加え警告音た、ハンドルの振動、または座席の振動などで警告を実施します。ウインカーがONの場合、ドライバーが意思をもって車線を横切っていると判断し、警告を発しません。レーンアシスト警告の強さを変更、またはMIBに警告の強さを変更する設定項目を追加します。MIB - モジュラーインフォメーションシステム⚙️機能レーンアシスト警告の強さを弱、中、強に変更するか、MIBで調整を可能にします。📖必要条件車両にレーンアシスト機能が備わっている必要があります。 アプリ名:レーンアシストの警告レベルの変更必要クレジット:10
ヒルスタートアシスト
ヒルスタートアシスト(HSA)は、坂道でブレーキを一時的にロック(最大1.5秒間)します。この機能のおかげで坂道での発進時フットブレーキを解除した際、車両が後退することなく快適に発進できるようになります。 ヒルスタートアシスト(HSA)は5%を超える傾斜で動作します。⚙️機能ヒルスタートアシストの感度調整早い・普通・遅い アプリ名:ヒル・スタート・アシスト必要クレジット:10