ブレーキパッド交換時のピストン解放

EPB-電動パーキングブレーキ

☑️ 車両での手順
1.エンジンはOFF、イグニッションはON、パーキングブレーキをオンにしてから、EPBボタンを押してオフにします。

2.「OPEN」項目を選択しブレーキキャリパーを開きます。パーキングブレーキスイッチのLEDとインストルメントクラスターの警告ランプが点滅しているのは正常です。

3. イグニッションをOFFにして、ブレーキパッドを交換します。

4. 新しいブレーキパッドを装着したら、イグニッションをオンにして、「CLOSE」項目を使用しブレーキキャリパーを閉じます。パーキングブレーキスイッチのLEDとインストルメントクラスターの警告ランプは、おそらく急速に点滅し続けます。これは、パーキングブレーキをオンにしてから再びオフにした後に停止するはずです。

5. 電動パーキングブレーキ機能をテストするには、EPBボタンを押すか、「テスト」項目を選択し、パーキングブレーキのONとOFFを繰り返します。操作に合わせてブレーキパッドが開閉します。


⚠️ 注意事項
この機能を実施する前に、十分にバッテリーを充電して下さい。
ブレーキを分解している際に、これらの基本設定は実施しないで下さい。
電子パーキングブレーキの開閉は、ブレーキパッドとの交換時のみ実施する必要があります。

アプリ名:ブレーキパッドの交換
必要クレジット:10

You can use this element to add a quote, content...