バック時に助手席ドアミラーを降下

バック時に助手席ドアミラーを降下 - バック時に助手席ドアミラーを降下させ、車両の下部の視認性を確保します。バック時に歩道の縁や駐車場の白線を見やすくすることで、駐車をにすることができます。

走行速度が15km/hを超えると、自動的に元の位置に戻ります。

⚙️機能
ドアミラー降下機能をOFFまたはONにします。

📖要件
ドアミラーにはメモリー機能が必要です。

☑️車両での手順
1)ミラースイッチをR位置にする。
2)車両の設定画面でミラー降下機能を有効にする。
3)シフトをリバースにする
⚠️バック時に助手席ドアミラーを降下機能が動作しない場合は、次の手順を実施して下さい。
1) イグニッションをONにします。
2)MIBの設定画面からバック時に助手席ミラーの降下を有効にする。
3)ミラースイッチをLにします。
4)リバースギアに入れます。
5) 降下させたい位置まで手動でミラーを調整します。
6)パーキングギアをに戻す。
7) イグニッションをOFFにして下さい。
バック時に助手席ドアミラーを降下機能をテストして下さい。

⚠️注意事項
走行速度が15km/hを超えると、自動的に元の位置に戻ります。

アプリ名:バック時の助手席再度ミラー傾斜
必要クレジット:10