SFD保護企画について

SFD保護企画について

ゴルフ8や新型A3でコーディングをしようとした際に一度は聞いたことのあるであろうSFD企画。このブログでは、SFD企画に関する情報を書いていきます。

OBDelevenはSFD企画を解除できます

OBDelevenは、リアルタイムでSFDロック解除が可能な初のサードパーティ製診断ツールです。

フォルクスワーゲンAGは、SFD企画を使用するユーザーを特定することを目的とした新しいセキュリティを導入しました。その結果、メーカーが承認していないデバイス(故障診断ツール)を制限しています。
OBDelevenのメーカーであるVoltas IT社は、フォルクスワーゲンAGの厳しいセキュリティ要件を満たし、OBDelevenがコントロールユニットのセキュリティロックを解除するためにフォルクスワーゲンのサーバーと直接通信しています。
これにより、すべてのOBDeleven 基本プラン、PROプラン、ULTIMATEプランのユーザーは、追加費用なしでSFDのセキュリティを解除できます。

SFDとは?

車両診断保護(SFD - Schutz Fahrzeug Diagnoseとも呼ばれる)は、車両とメーカー間の認証を必要とする追加のセキュリティ企画です。
この企画は、いつ、誰が、コントロールユニットに変更を加えたかという情報を提供することで、あらゆる詐欺や犯罪からユーザーを保護するのに役立ちます。
この保護は、2020年から製造されるMQB Evo (VW Golf 8, Škoda Octavia IV, Seat Leon IV, Audi A3 8Y など) およびMEB (VW ID.3, ID.4, Škoda Enyaq など) プラットフォームのモデルで、改造、コーディング、パラメーターの変更などの機能を制限するために利用されています。

あなたの車はSFDで保護されていますか?

あなたの車にSFD制限機能があるかどうか調べるには、OBDelevenを使用し各コントロールユニットのライブデータパラメーターで''SFDアクティベートステータス''で確認することができます。

OBDelevenはどのようにSFDで保護されたコントロールユニットのロックを解除するのか

OBDelevenはロングコーディング(Long coding)、アダプテーション(Adaptations)、1クリックアプリを使用してカスタマイズを行おうとしている場合、コントロールユニットがSFD企画によって制限されていることを自動的に検出することができます。
ロックが検出された場合、OBDelevenアプリはSFDロック解除の手続きを行うように案内し、個人データ*や2段階認証の実施を求めます。

*必要なデータ:認証済みメールアドレス、基本的な個人情報(名前、苗字、電話番号、国)、二要素認証の有効化。

OBDelevenでは、SFD企画のロック解除を簡素化するために、SFD企画を管谷解除できるようSFD自動ロック解除機能を備えています。SFD自動ロック解除がオンになっており、ロックされたコントロールユニットでロングコーディング、アダプテーションを変更したり、1クリックアプリを使用しようとすると、OBDelevenアプリケーションは自動的にコントロールユニットのロックを解除する要求をフォルクスワーゲンサーバーに送り、新しい値の書き込みが可能になります。

SFD自動ロック解除機能の代わりに、手動ロック解除を選択することができます。コントロールユニットをカスタマイズしたり、1クリックアプリを使用するたびに、SFD保護ロック解除要求がポップアップ表示されます。
保護されたコントロールユニットは、90分間ロックが解除されます。早くロックしたい場合は、コントロールユニットのSFDプロテクトボタンでロックしてください。

SFDの利用に制限はありますか?

1時間あたり100SFDのロック解除

1日あたり40の車体番号

1日あたり1000SFDのアンロック

制限に達した場合は、アプリから通知が行われます。SFDの制限付きコントロールユニットにアクセスするには、約1時間待つ必要があります。