バック時のミラー降下

アプリ表示名:
Mirror dip

ミラーディップ - バックギアを入れると助手席のミラーが自動的に傾き車の下側を見やすくし、バック駐車時に歩道の端を見やすくし、駐車をアシストします。
走り出して時速15kmを超えると、ミラーは自動的に通常位置に再調整されます。

⚙️ 機能
助手席のミラー降下(ミラーディップ)機能のOFF/ONを切り替えます。

📖 必要なもの
ドアミラーはメモリー機能付きであることが必要です。

☑️車内での手順
1) ミラースイッチをRの位置にセットする
2) 車のナビでミラーディップ機能を有効にする
3) Rギアを入れる
⚠️それでもミラーディップが機能しない場合は、次の手順を実行してください:
1) スイッチをオンにする
2) 車のディスプレイでミラーディップを有効にする
3) ミラースイッチをRにする
4) Rギアに入れる
5) 記憶すべき位置に手動でミラーを動かす
6) Pギアに入れる
7) スイッチをオフにし、ミラーディップの機能テストをしてください。

⚠️注意事項
走行速度が15km/hを超えると、ミラーは自動的に通常位置に再調整され、後方視界を確保します。